ミニキッチンとコンパクトキッチン

当社ではミニキッチンとコンパクトキッチンの両方の商品を扱っていますが、その違いは何なのかについて、今回はお話ししたいと思います。

一般に小さなキッチンというイメージでとらえられがちな、ミニキッチンとコンパクトキッチンですが、サイズでいえばミニキッチンが間口90cmから150cmで、コンパクトキッチンが間口120cmから180cmです。間口90cm未満の流し台もありますので、必ずしも小さめのキッチンというわけではないです。但し、システムキッチンと比べると小さめのキッチンという風になります。

ミニキッチンのページ

https://www.sigita.co.jp/official/shop/mini/

コンパクトキッチンのページ

https://www.sigita.co.jp/shop/compact/

ミニキッチンは、ハーフタイプとボックスタイプの2タイプのキッチンがあります。

こんな感じです。

ハーフタイプは、シンク部分と調理スペース・加熱器・水栓がセットになっています。ボックスタイプはそれに加えて、壁面・両サイド・天井面にボックス状のボードがつきます。また、ボックスタイプではオプションで天井部に換気扇をつけることができます。

奥行が50cmというのも特徴の一つです。ワンルームマンションなどでキッチンスペースが狭いところには適しています。

ミニキッチンは結構以前から商品としてはありますので、水栓が標準では2ハンドル混合水栓となっています。

コンパクトキッチンは、シンク・加熱器がついている下台と吊戸棚、レンジフードがセットになっています。いわば、システムキッチンのコンパクトタイプだと思っていただければいいかと思います。

奥行も60cmとなっていますので、ミニキッチンより多少スペースが必要になります。

水栓もシングルレバー混合水栓が標準で、今風の仕様になっています。

コンパクトキッチンの仕様で奥行が50cmの商品が、コンパクト50というものです。

ワンルームマンション、アパートなどではスペースの有効活用ができます。

コンパクト50のページ

https://www.sigita.co.jp/shop/colty/

2018.10.02

by