大阪市鶴見区某マンション訪問

ニューバリューキッチン設置工事に立ち会いました。

現場のお部屋は既にフローリング、壁クロスなどほぼ完了しており、古い流し台も撤去されていた為、スムーズに取り付けにかかることが出来ました。

流し台を所定の位置に設置し、コーキング処理をして仕上げをします。
>コーキング作業

また、排水口まわりを当社オリジナルの方法(ちょっと大げさ?)で処理し、蛇腹ホース処理ながら、直結工事とそん色ない仕上がりになりました。
08.05.01-2

コーキング処理をみていると、壁と流し台の隙間とステンレス同士の隙間それぞれでコーキング剤の色が違います。ステンレス同士の隙間はグレーのコーキング剤にすれば、処理した箇所が目立たなくなります。ここだけの話ですが、どんな工事でもちょっとした工夫で仕上がりは大きく変わるんです。
08.05.01-3

この記事は役に立ちましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
 
この記事のURLをコピーする
by