キッチンパーツいろいろ

流し台などのキッチンにもいろいろな仕様や部材があります。今回のブログではそんなパーツの一部をご紹介します。

アジャストボール
業務用厨房器で多く使用されていますが、基本的には高さを調整する道具です。費用も比較的安くて済みます。
アジャストボール


アジャスターボルト
アジャストボールと同じで高さを調整する部材ですが、底面が平らになっていますので、柔らかいフローリングなどでも凹みが緩くなります。但し、価格は少しお高くなりますアジャスターボルト


Lアングル脚
名前のとおり、断面がL字型になっている部材です。業務用厨房機器の脚部は大体この仕様で制作されています。価格も安くてすみます。
Lアングル


角脚
断面が四角になっている部材です。強度も高くなり、デザイン性もあります。標準的には30mm角が用いられますが、強度をより高めるために50mm角にされる場合もあります。
角脚・ステンレスマット・角アングル


三方枠
キッチンの補強のために脚部を繋ぐ部材です。Lアングル、角棒それぞれで用いられます。
三方枠


水返し
キッチントップからの水垂れを防ぐための仕様です。キッチントップの縁を内側より少し上げるようにします。水返しは通常、I型のキッチンですと前部及びサイドの三方に設定する場合が多いです。オプションになりますので、価格はアップします。
水返し

だだっこ流し台
by