流し台単体から流し台とガス台への入れ替え

 

 

 

 

 

 

少し前に建てられたマンションでは、台所に流し台が単体で設置されている現場もあります。これだと調理スペースはありますが、加熱器(ガスコンロやIHヒーター)を置く場所に困ります。実際は据え置き型の1口ガスコンロなんかを置いたりするわけですが、なんとなくしっくりきません。

そこで、今回は小さめの流し台とガス台に交換しました。商品は当社のニューおてがるキッチンです。

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ間口600の流し台、ガス台をセパレートで設置しました。大手メーカのセパレートキッチンは、間口に関して900mm以下の流し台がありません。そこでニューおてがるキッチンの登場です。これですと間口600mmから900mmで奥行550mmの流し台のご提供が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

流し台レイアウトを変えるだけで、お部屋のイメージチェンジになります。マンションオーナーや管理人の方はご検討されてはいかかでしょう。

にゅーおてがるキッチンはこちらからどうぞ。

https://www.sigita.co.jp/product-tag/v550/

さらにコストダウンが必要な場合は、おてがるキッチンをどうぞ。

https://www.sigita.co.jp/product-tag/bi_nagashi/

 

 

by