SUS304とSUS430の違い・再び

今回はあらためてステンレスの材質について、ご説明させていただきます。地味目の話ですが、知っておくと便利です。

せっかく流し台を入れ替えるから、長く使える材質のものにしたいけど、予算もあるしねえ

SUS304とSUS430の違いは

ステンレス素材

当社で扱っているステンレスの材質は主に、SUS304とSUS430の2種類となります(それ以外のステンレスもメーカーによっては取り扱いがありますが、とりあえず上記の2種類についてお話します) 。
単刀直入にいえば、
SUS304は
1.耐食性に優れている(錆びにくい)
2.加工性、溶接性に優れている
3.耐熱性も高い
4.価格は高い

その一方で、SUS430は
1.耐食性に劣る(錆びやすい)
2.加工性、溶接性に優れている
3.耐熱性に劣る
4.価格は安い

SUS304とSUS430の見分け方

見た目はほとんどわかりませんが、磁石がくっつくのがSUS430でくっつかないのがSU304ですので、簡単に見分けはできませんが、区別はできます。ですから、見た目にこだわっている方ならどちらでも問題ないです。

SUS304とSUS430の使われ方

希少鋼材であるニッケルを含むため、SUS304は高くつきます。
業務用では、通常SUS430を利用することが多いですが、業務用でコストの問題が優先するからだろうと思います。
一方で、オーダーキッチンでは、通常SUS304を利用することが多いのですが、やはり自分の気に入ったキッチンを長く使いたいと思われる方が多いからだと思います。

もちろん、手入れを十分にされていれば、SUS430でも長持ちしますので、予算のない方でもオーダーキッチンを諦める必要はありません。

絶対オススメ!

シギタのだだっこ流し台

今回のまとめ

流し台のステンレス材質には、SUS304とSUS430の2種類がありますが
・見た目でいったら、どちらでもいい
・耐久性でいったらSUS304
・コストを抑えたいならSUS430
当社の商品であれば、SUS304ならオーダーキッチンの「だだっこ流し台

(更新日時:2022.12.20)

この記事は役に立ちましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
 
この記事のURLをコピーする
by