狭いところに理想的なキッチンを実現するために

キッチンはそんなに広くないし、それでも楽しく料理したいので、少しでもこだわりたい

そういう思いを多くの皆さまが持っていらっしゃることを感じてきました。
シギタ商会では「狭いけど理想的なキッチンを」をコンセプトに60年流し台にこだわってきました。

キッチンはどこも狭いもの

キッチンのイラスト「リビングダイニング」というスペースが定着していますが、キッチンのスペースはそのおまけのような位置づけ。食べることが中心なのは当然ですが、料理を作って片付けての流し台スペースが大活躍していることを再評価すべきなのです。しかし、そのキッチンスペースはどこも非常に狭いのが現実。だからこそ、限られたスペースを駆使して最高の利便性や機能性を追求して進化してきました。

実はキッチンは家の中心

繰り返しになりますが、食生活は何より大事ですね。毎日の家族の食事をつくるキッチンや流し台の貢献度は大きいです。
育ち盛りの子どもが、とくに用事がないのに何度も冷蔵庫を開ける場面を思い浮かべてみてください。キッチンは安心感を醸し出すものなのですね。
・自分や家族の健康に資する
・家族が集まる団らんの空間

狭くても理想のキッチンは実現できる

狭いことを前提にして、住む人の理想をできるだけ実現したいとい思いで、さまざまな流し台を提供してきました。
使う人・住まう人それぞれに理想hは異なるものです。
時にはこんなご要望も。

合わせて読む!

 とりあえずキッチン!

オーダーメードのお要望の大半は、サイズのカスタマイズです。限られたスペースに思い通りの流し台をつくろうと思えば、既成サイズでは難しいことが多いのです。

また、オーダーの予算はとても組めないという場合には、既成のセクショナルキッチンを組み合わせた↓このような事例も。

今回のまとめ

・キッチンは生活と家族の中心であり、とっても大事な場所
・キッチンスペースはどこも狭いもの
・狭いから理想をあきらめるのではなく、狭くても理想的なキッチンは可能
・そのための最適なサービスや商品の選択肢をシギタはご提供

お客様の理想を叶えます!

当社はキッチンで料理をするお客様の笑顔のために60年歩んできました!

ご要望に合わせたサービスを

この記事は役に立ちましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
 
だだっこ流し台
この記事のURLをコピーする
by