ベテランの賃貸オーナー、管理人の皆様

学生向けマンションは、通常4年程度で入居者が入れ替わると思いますが、その都度お部屋をクリーニングし流し台が傷んでいれば交換と、そのコストは馬鹿になりません。かといって、流し台などは使えるんだからと変えないでいると、極端に入居率が下がってしまいます。築年数が重なるほどにそういう問題点は増えいくのでお悩みになっておられるベテランのオーナー、管理人のかたは多いと思います。

after

before

できるだけコストを抑えて、入居率をアップするお手伝いができるのが、当店がご提供する「おてがるキッチン」です。正直、システムキッチンのような贅沢感、華やかさはないですが、若い方の間借りの4年間には十分だと思います。

おてがるキッチンには、ガス台付流し台のタイプと、流し台ガス台調理台が別々になったセパレートタイプがあります。ガス台付流し台は1台毎でみれば安価でシンク部とコンロ部が一体になっているので、単純に入替を検討できます。セパレートタイプは1台毎ですと、一体型(ガス台付流し台)に比べれば少し割高ですが、とくに痛みが目立つ流し台部分のみを入替たい場合や入替の頻度(通常4年に1回)を考えると、コストダウンになります。

before

after

おてがるキッチンガス台付流し台はこちら

https://www.sigita.co.jp/product-category/gnagashidai/

おてがるキッチン流し台はこちら

 

https://www.sigita.co.jp/product-tag/bi_nagashi/

賃貸物件のリフォームの際はぜひご検討ください。

この記事は役に立ちましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
 
この記事のURLをコピーする
by