カフェや飲食店開業に必須の二槽シンクのバリエーション

業務用二槽シンクではなく、家庭用や家庭で飲食店をお考えの方に

飲食店に必須の二槽シンクは、業務用シンクの既製品ですでに数多くあります。しかし、ここで扱うのはあくまで家庭用で、将来住居兼店舗で飲食を開業したいとお考えのお客様に向けて情報発信しています。

当店のだだっこ流し台サービスには、イメージや夢を具体的にもったお客様から、数多くのお問い合わせをいただいております。

小さなカフェや飲食店を持ちたい!

オーダーキッチンのお客様の中には、将来自宅でカフェを開業したい!という夢を持って発注される方が複数いらっしゃいました。

今の時代、「自宅カフェ」や「週末カフェ」として、小さくご自分のお店を持っていきたいと希望される方が増えているように思います。

はじめから独立店舗で専業で開業するよりも、実験的に低コストでスタートすることで開業のハードルが下がり、うまくいったら自宅とは別に店舗で独立するというステージに移行できます。そんなビジョンをもって夢を見て、準備されている方々は実は数多くいるのではないかと思います。

営業許可に必須の二槽シンク

飲食店にはシンクの数はどれくらい必要か?

一般的に、厨房には食材と食器の洗浄を別々に行えるよう、シンクは二槽以上必要とされています。その使用目的によっては三槽が必要になることもあるでしょう。

営業許可の条件については、保健所の定める基準(食品衛生法)が明確にありますので、詳細はお近くの保健所から情報を得てください。

さて、使用目的の観点で、そのシンクの大きさと組み合わせも実は重要になってきます。

シギタのオーダーメイドサービス「だだっこ流し台」では、シンクサイズとその組み合わせについて、あらゆる選択肢に対応しています。

ときには厨房やキッチンのスペースの問題で、L字やI型にシンク(洗い場)をレイアウトする必要も出てくるでしょう。そうした場合にも自由にカスタマイズして納品して参りました。

カフェや飲食店開業なら…

やりたいけどイメージが固まらずモヤモヤしている~。そういう段階でも相談OKです!

シギタのおすすめ

  1. 二槽以上のシンクは必須なので、レイアウトを考える
  2. 予定の厨房空間の詳細なサイズを計測する
  3. 手書きでもいいので、理想のキッチン・厨房を描いてみる
  4. シギタ「だだっこ流し台」に相談する
この記事は役に立ちましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...
 
だだっこ流し台
この記事のURLをコピーする
by