「見せる収納」と意外と相性のいいステンレスフレームキッチン!

「見せる収納」は、物品や装飾品を隠すのではなく、公然と表示するデザイン的なアプローチです。

視覚的な魅力と個性の表現

見せる収納は、お気に入りのアイテムや美しい装飾品を展示する素晴らしい方法です。アートやコレクションの展示、特別な食器やガラス製品の陳列など、個性や趣味を反映する機会を提供します。これにより、空間に独自の魅力とキャラクターを加えることができます。

アクセントとフォーカス

見せる収納は、特定のアイテムやエリアにフォーカスを当てるのに役立ちます。例えば、リビングルームに美しい本棚を設置することで、本や装飾品が目立ち、部屋全体のデザインに深みを加えます。また、壁に取り付けられたオープンシェルフには、アートや写真フレームを展示することができ、それが部屋の中心的な要素となります。

空間感の拡張

見せる収納は、部屋がより広々と感じられる効果を持っています。閉じたキャビネットや引き出しを使用すると、視覚的な重さが生じることがありますが、オープンシェルフやガラス戸の収納ユニットを使用することで、部屋全体がより開放的で明るく感じられます。

アクセスと使いやすさ

見せる収納は、アイテムへのアクセスを容易にし、使いやすさを高めます。キッチンで使われるオープンシェルフやガラス戸のキャビネットは、料理道具や食器の取り出しや片付けがスムーズに行えます。同様に、洋服や靴をオープンクローゼットに掛けることで、朝の準備が簡単になります。

整理整頓の奨励

見せる収納は、整理整頓を奨励します。アイテムが目に見える場所にあるため、不要なものを取り除き、必要なものを整理する動機付けになります。これにより、部屋がきれいで整然とし、ストレスの軽減にも寄与します。

見せる収納は、空間の魅力を引き立て、個性を表現し、使いやすさを向上させる素晴らしい方法です。ただし、美しさを維持するためには、整理整頓が重要です。物品や装飾品を展示する前に、適切な配置とディスプレイの計画を考えることが大切です。

見せる収納を実現するのにピッタリなのがフレームキッチン

フレームキッチン

オーダーメードのステンレスフレームキッチンで「見える収納」を実現するとこうです!

「生活感」が前面に出ますが、よく見ると機能性・効率性・整理整頓が敷き詰められています!家主様の機能的で躍動的なキッチン生活がうかがえます。

ステンレスフレームキッチンと「IKEA」や「無印良品」「ニトリ」の収納グッズを組み合わせるユーザー様も多数いらっしゃいます。

「空間」や「すきま」を大きく(広く・深く)生み出せるフレームキッチンは、フレーム以外は空間をお客様が自由に使えるのが最大のメリットなのです。

この記事は役に立ちましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
 
だだっこ流し台
この記事のURLをコピーする
by