セパレートキッチンについて

2つの分類

「セパレートキッチン」というと異なる2つのジャンルで使われているので、ここで整理したいと思います。

1.当店では、一体型のガス台付き流し台とは別に、シンク流し台とガス台が分離した流し台・ガス台のセットを、セパレートキッチンと呼んでいます。

2.壁際の1列の流し台やアイランドキッチンなどのⅠ型に対して、もう1列を並べたⅡ型キッチンを「セパレートキッチン」とも呼びます。

「狭くて入れれない」を解決するセパレートキッチン

一体型のガス台付き流し台を台所に搬入できない場面があります。そのような場合、流し台とガス台が統一デザインや素材でそれぞれ揃っていると搬入の問題はクリアして思った通りのキッチンを実現できます。

空間をリッチに活用するセパレートキッチン

こちらのセパレートキッチンの場合、流し台とコンロを別の列に配置することでのメリットを狙ったレイアウトになります。

このレイアウトのメリットは開放感があって、リビングやダイニングと一体感がある点です。アイランドキッチンは壁付けでないため、キッチンからリビング・ダイニングを自由に行き来できる動線ができて、食事を運んだり片付けたりするのにとても便利です。

デメリットとしては、空間面積も確保しなければならないし、費用も多くかかります。

冷蔵庫との位置関係がいずれもポイント!

先のセパレートキッチンは公団型の低コストのものですが、後者のセパレートキッチンは当店のオーダーメイドサービス「だだっこ流し台」で作成したセパレートキッチンです。

シンク流し台とコンロの2者の関係だけで理想的なキッチンができる訳ではなく、大事なのは「冷蔵庫」との位置関係なのです。シンクとコンロと冷蔵庫の3者の回遊動線を考えて、すでに皆さんは配置されていることと思います。

今回は、「セパレートキッチン」という言葉で、まったく異なる仕様やグレードの流し台が存在するので、当店での取り扱いサービスを引き合いにご案内しました。

この記事は役に立ちましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
 
この記事のURLをコピーする
by