狭いスペースでのL型(エル型)キッチン

L型キッチンといえば、結構広いスペースが必要だと思われている方も多いんじゃないでしょうか。今回は、省スペースのL型キッチンについてのお話です。

I型(アイ型)のスペース的限界について

通常、マンションでも一戸建てでも、I型(アイ型)のキッチンが一般的ですが、スペース的には間口(幅)が限られてきます。広さに余裕のある台所ですと問題ないですが、間口1800mm程度のところに、流し台(シンク部)、調理スペース、コンロスペースを配置しなければならない場合があります。そうすると、コンロのスペースは600mmが最低必要ですので、残り1200mm程度のスペースでシンク部と調理台部を割り振らなければなりません。

ここで「狭いスペースに理想のキッチンを」を企業コンセプトにしたシギタ商会の登場です!

L型(エル型)の可能性

もちろん、このスペースでもキッチン作業はできますが、結構窮屈になります。調理スペースを広くしたい、シンクが大きいものが欲しいという場合に、キッチンをL型にするとある程度のスペースが確保できます。

上からみた図面では下記のようになります。

もちろん、L型キッチンはI型に比べては奥行がより必要となりますが、冷蔵庫の配置や収納スペースの工夫次第で十分対応可能です。

この写真では、コンロ台を奥側に(流し台からいうと)縦向けに置いて、シンク位置を中央に、調理スペースを両サイドに余裕をもって配置しています。

セパレートで対応

但し、L型キッチンで気を付けなければならないのは、搬入作業に支障が出たり、搬入時にキッチン本体が歪んでしまったりする恐れがあります。ですので、当店では流し台・調理部とコンロ台をセパレートでお勧めしています。

ちなみに、この写真のコンロはリンナイのデリシア、フードはクリナップ製、水栓はリクシルナビッシュです。

別のL型(エル型)キッチン事例

キッチンですが、とーっても使いやすいです!
L字にして大正解でした。
広すぎず、狭すぎず、非常に動きやすいです。
お手入れもラクなので、毎日最後にピカピカに拭いています。
本当に、私にとってベストキッチンです!

L型キッチン
レンジフードもとてもスタイリッシュで、使用感も快適のようです。
L型キッチン
ハーマンのコンロ、ダッチオーブンやグリルもかなり重宝しているらしいです。

もう一つ別のL型(エル型)キッチン

L型キッチン

夢をあきらめないで!

スペースを拡張するのはキッチンのリフォームやリノベーションという一大事になってしまうので到底無理と、夢をあきらめてしまわれるお客様も多くいらっしゃると思います。
しかし、今あるスペースで工夫をすれば低コストで自分のイメージするキッチンを実現できるのです。
そのお手伝いをするのがシギタの使命だと思っております。

 
 

この記事は役に立ちましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
 
だだっこ流し台
この記事のURLをコピーする
by