ミニキッチンとは

一般的にミニキッチンというと、小さなサイズのキッチンをイメージされると思いますが、住設関連では具体的な商品として「ミニキッチン」(https://www.sigita.co.jp/product-category/mini/)というものが存在します。

シンクと水栓が一体となった奥行が50cmのキッチンを、ミニキッチンと呼んでいます。

通常、キャビネットキッチンhttps://www.sigita.co.jp/product-category/nagashidai/)は奥行が55cmのものが一般的ですが、それよりは狭いスペースで収まるキッチンです。また、キャビネットキッチンには水栓がついていませんが、ミニキッチンにはシンクの奥側に水栓がついているのも特徴です。

 

 

 

 

この写真はキャビネットキッチンです。

 

ミニキッチンには、高さが190cmの上台と下台がセットになった「ボックスタイプhttps://www.sigita.co.jp/product-tag/boxtype/)」と下台だけの「ハーフタイプhttps://www.sigita.co.jp/product-tag/halftype/)」の2種類があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンの間口(幅)に関しては、90cm~150cmまでが一般的です。

また、シンクの横が調理スペースのみのフラットタイプで加熱器がない流し台タイプと、加熱器(1口IHヒーター、ガスコンロ、プレートヒーターの3種里)がついたなかからご希望のものをお選びいただけます。

ミニキッチンはシンク(水槽)が小さ目ですので、本格的に料理をすることなんかには向いていませんが、簡単な調理作業ですと十分かと思います。ワンルームマンションやご自宅のセカンドキッチンとしてはお勧めです。

ミニキッチンはこちらのページを参照ください。

https://www.sigita.co.jp/product-category/mini/

小さなサイズのキッチン(流し台)をお探しの方はこちらをご覧ください。

おてがるキッチン

https://www.sigita.co.jp/product-tag/bi_nagashi/

https://www.sigita.co.jp/product-tag/fn_nagashi/

by