SUS304とSUS430の違い・再び

今回はあらためてステンレスの材質について、ご説明させていただきます。地味目の話ですが、知っておくと便利です。

当社で扱っているステンレスの材質は主に、SUS304とSUS430の2種類となります(それ以外のステンレスもメーカーによっては取り扱いがありますが、とりあえず上記の2種類についてお話します) 。
単刀直入にいえば、SUS304は耐食性に優れます(錆びにくい)が、価格は高く、SUS430は耐食性に劣ります(錆びやすい)が、価格は安くなります。

見た目はほとんどわかりませんが、磁石がくっつくのがSUS430でくっつかないのがSU304ですので、見分けはできませんが、区別はできます。

業務用では、通常SUS430を利用することが多いですが、業務用でコストの問題が優先するからだろうと思います。

オーダーキッチンでは、通常SUS304を利用することが多いのですが、やはり自分の気に入ったキッチンを長く使いたいと思われる方が多いからだと思います。

もちろん、手入れを十分にされていれば、SUS430でも長持ちしますので、予算のない方でもオーダーキッチンを諦める必要はありません。

※ステンレスについて(https://www.sigita.co.jp/guidance/sten/

2018.09.13

【見積もりから納品まで】矢印をクリックして詳細をご覧ください。

・見積フォーム(https://www.sigita.co.jp/mitsumori/)に必要事項を入力、図面やご希望のキッチンの画像がある場合は、同時に送信ください。
※ご希望のキッチンの、レイアウトやサイズがわかる簡単なイラスト、図面(手書きで大丈夫です)があれば、見積もりがしやすいです。
※もちろん、FAX(06-6962-6623)でもお電話(0120-070-663)でもOKです。
・ご納得がいくまで何度でもご希望をお伝えください。見積もりは無料、とくに回数に制限は設けておりません。
・ご希望内容確認の上、見積金額をご連絡します。通常、メール等でのご連絡をいたしますが、見積書を作成しPDF、FAX、郵送等ご希望の方法で送付いたします。
・ご希望の内容によりましては、詳細を確認し、ご納得いただけるまで打ち合わせをいたします。
※打ち合わせが進んだ段階で製作図面を作成し、見積金額の精度を高めます。
・見積内容にご納得いただければ、専用ページ(https://www.sigita.co.jp/credit/)からお申込みください。
※メールやFAX、お電話でも注文希望とお伝えいただいてもかまいません。
・ご注文希望のご連絡をいただきましたら、正式に最終確認図面を制作し、メール等でお送りします。
・最終確認図面をご覧いただき、問題なければ、その旨、メール・FAX・お電話等でお伝えください。
・注文内容が確定しましたら、クレジット決済もしくは金融機関振込の手続きをお願いします。
※金融機関お振込みをご希望される場合、ご注文時に最低半金をご入金いただいております。
※事前に請求書等が必要な場合は、ご希望に沿った処理をいたします。
・ご注文手続き(お支払処理含む)確認後、正式に制作手配をいたします。
・商品が出来上がり次第、発送処理いたします。
※ご希望納期がある場合は、それに合わせて制作、発送処理をいたします。
・ご注文いただいたオーダーキッチンは、ご指定のご住所に配送いたします。但し、通常車上渡しとなりますので、荷受人の方が2名以上必要となります。
・商品到着後、直ちに開梱、検品をお願いします。万一、不具合があればご連絡ください。

 
by